スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    フェデレーションサーバーについて

    • 2014.12.24 Wednesday
    • 21:15
    Office 365 を使用する場合に、ただメールアドレスに同じドメインを使用するだけでは、ドメイン内で使用するパスワードと
    Office 365 で使用するパスワードに違いが出るため、ユーザーに混乱が生じます。

    ドメイン環境の Outlook で Outlook プロファイルを使用する場合、自動的にパスワードとユーザー ID が入力されます。
    この情報は、Exchange Server から取得しているわけではなく、ドメインコントローラーから取得しています。
    そのため、Office 365 への接続のため Outlook プロファイルを作成する際に、ドメインで使用されているパスワードを使用してしまい、「Exchange Server へ接続ができません」と表示されることになります。

    こういった現象を防ぐためには、ドメイン内で使用しているパスワードを Office 365 側と同期して同じパスワードを使用することが考えられます。

    すでに構築済みの Active Directory がある場合は、一つ同期用の AD を構築したほうが無難です。
    Office 365 への同期はツールを使用することで簡単なので、不明な点がある場合は Office 365 の無償サポートに連絡することでそれぞれの環境に一番適した同期方法を教えてもらえます。

    ちなみに、いくらパスワードの同期をしてもドメインの外にある Office 365 環境ではシングルサインオンはできません。
    Outlook を使用するたびにパスワードの入力が必要となります。
    もちろん Windows 資格情報に保存することで毎回の入力を防ぐことは可能ではありますが、完全に入力を省略できるわけではありません。

    Office 365 を使用しながらシングルサインオンを実現するためにはフェデレーションサーバーを使用することが一番簡単で安全です。

    フェデレーションサーバーを構築することによって、同じドメイン内のように一度認証を実行しておけばその後どのリソースにアクセスしても認証が自動的に行われるシングルサインオンが可能となります。

    マイクロソフトだけでなく、クラウド化はどの企業でも新たな戦略として売り込みをかけています。
    そんなクラウドの時代には必ずフェデレーションサーバーが必要となりますので、これからエンジニアの需要が増える分野であります。

    是非、今後のお役に立てて見てください!

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 21:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM