スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    PC の選び方

    • 2014.12.29 Monday
    • 20:29
    パソコンを新しく購入しようと思った時、普通の方は家電量販店で実際に触ってみたりすることが多いと思います。
    エンジニアになってかれこれ 15 年くらい経つと思いますが、一番多い質問は今度 PC を買うんだけどどこのメーカーが良いの?って質問だと思います。

    あまり断定してすぐに壊れると責任問題になるので断定はしない主義なのですが、、「どこでも一緒」と最近は答えるようにしています。

    まず、PC を自作した方ならば分かると思いますが、パソコンの内部は「マザーボード」「CPU」「メモリ」「HDD」「ネットワークカード」「オーディオ カード」「ビデオカード」大体ですが、この辺が入っています。
    そのため、日本製の PC は壊れにくいよね!と思っている方も多いのですが、中身のパーツが海外製でも、組み立てが日本であれば日本製なので、事実上ケース位しか日本製が入っていないなんてことはよくあります。

    実際、PC パーツで今でも日本で作成しているのってあるのかな・・ってくらい基本的には中国か台湾などのメーカー製が多く使用されています。

    一時期 DELL のパソコンは壊れやすいとか、NEC のパソコンは壊れにくいなどの評判がありましたが、現在はそこまで大きく差はないと考えて良いでしょう〜。
    昔、DELL のパソコンが順番に壊れていき発狂したのはすでにいい思い出です(笑)

    それでは、どこのパソコンが良いのかというと・・結局手厚く補償をしてくれるメーカーが一番ですと答えます。
    実際にサポートをしていたのでよくわかるのですが、パソコンを使用していると急に電源が落ちるという現象が起きるとします。
    DELL や HP などでは現象未確認であっても、「絶対」に現象が起きていた等の証拠があれば「予防交換」という処置が取られることが多くなります。
    もちろん、嘘をついているユーザーもいるので無制限ではありませんが、特別な許可はなしでエンジニア判断で実行可能です。

    逆に、知り合いの NEC のパソコンが同様のケースになった際に、イベントログやパフォーマンスログ、落ちた瞬間の電源を計測したオシロデータを添付して送りつけても、「現象が発生しないため」と何もせずに返却されてきました。
    ちょっとお勉強したレベルのエンジニアだって見れば分かる状態にしても、NEC では目の前で現象が発生しない限りパーツの交換は行えないそうです。

    私も日本人なので出来るだけ日本企業を応援したいとは思っていますがパソコンの世界では DELL か HP を買ったほうが確実ですね!

    修理は訪問修理にすると高くついてしまいますが、確実に当日もしくは翌日にはエンジニアが訪問して PC を買った時の状態には責任をもって直してくれます。
    一般的にパソコンの寿命は 5 年程度になるので、保証期間も 5 年付けておけば保証の範囲内で直してくれます。

    結局は安くつくというわけですね。

    ちなみに、DELL はデスクトップ、LAPTOP どちらでもパーツ交換がしやすいので DELL の許可が得られれば自分でパーツ交換も可能です。
    HDD 位なら誰でもできると思うので、最速を狙うのであれば電話して翌日にパーツを届けてもらい即交換することで、1日で改善します。

    あと、最近はパーツの進化もゆっくりになってきたので聞いたこともないパーツの発売はあまり見られなくなってきましたが、よく受ける質問としては 「SSDってなに」があります。

    現在、CPU やメモリはどんどん高性能化が進んでおり、PC の動作が重い場合のボトルネックになることは少なくなってきています。
    その代わりに、HDD の速度が遅いことで PC 全体の動作が遅くなっていることが非常に多くなっています。
    それを改善するために登場したのが SSD になります。

    イメージは USBメモリーみたいな物で、駆動音は HDD に比べて非常に小さく、アクセス速度は段違いに早くなっています。
    ただし、HDD に比べると高いため、映画データを保存するなどで大容量の保存領域が必要な場合は非常にお金がかかってしまいます。

    そのため、理想的な構成としては OS が入っているシステムドライブ (一般的には C ドライブ) には SSD を使用し、
    データの保管先としては HDD を別途接続してデータ保存用ドライブとして使用する方法です。

    これならそこまでお金はかからず、OS の起動など今までとは別世界が体験できるため費用対効果も素晴らしい構成になります。
    HDD は USB3.0 等で接続してもよいので、システム ドライブに SSD はお勧めですよ!

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 20:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM