スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    エクセルで作成した表の行と列を入れ替える方法

    • 2015.06.09 Tuesday
    • 13:35
    JUGEMテーマ:パソコン
    エクセルではデータベースと認識させるため、基本的には一番上の行に「見出し」を作成して、その下には1行の中にその関連する情報をすべて入れる必要があります。
    このような表にした場合は、データベースとして認識されるのですが、このまま印刷を出すと内容が伝わりにくいことがあります。

    そんな時は、貼り付けのオプションである「行と列の入れ替え」を使用します。

    今回使用する表はこんな感じの表になります。



    このまま印刷で出すと間延びしていて分かりにくいですね。
    そんな時はまずこの表をコピーしてクリップボードに記憶させます。

    その後、貼り付けの際のオプションに「表と列を入れ替える」を選択して貼り付けを行います。
    すると以下のような表が新たに作成されて貼り付けられます。



    上の表に比べると人間には非常に判断しやすい表に変わりました♪
    この後、印刷をするのであれば、下の表だけを範囲選択し、その部分だけ印刷をかければOKです!

    エクセルはちょっと勉強するだけで、どんどん「手抜き」ができるアプリケーションです。
    ちょっと詳しい人と非常に詳しい人とで、一つの書類の作成時間が倍以上違うなんてことはよくあります。

    そんなエクセルですので是非基礎から順番にお勉強してみませんか♪
    キュリオステーション船橋習志野店では朝6時からの朝活コースも行っております。
    出勤前にぜひお立ち寄りください。

    ホームページはこちら 人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 13:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM