スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Excelで表をテーブルに変更する方法

    • 2015.06.10 Wednesday
    • 06:55
    JUGEMテーマ:パソコン
    表をテーブルに変換すると、並び替えやフィルターなどデータベース管理が簡単に行うことが可能になります。
    自動的に罫線や塗りつぶしなどの色も設定されるため、表全体の見栄えを瞬時に整えることもできます。

    もはや社会人には必須のエクセルスキルですが、出世するためには表計算だけでなくデータベースから様々な分析を行う必要があります。
    データベースからの分析にはテーブルを作成したり、ピボットを使用したりすることが多くなりますが、今回はまずテーブルの作成方法と分析後に元に戻す方法をご紹介します。

    以下のような表を作成し、これを今からテーブルに変換します。



    変換の方法は簡単です。
    まずは、表の中のどこでもよいのでクリックして選択します。(A3等で大丈夫です)
    その後、「挿入」 - 「テーブル」をクリックします。

    すると次の画面が表示されます。



    まずは、テーブルの範囲を指定しますが、基本的にはデータベースとしてしっかりとした表を作成している場合は自動的に表全体が選択されます。
    次に気を付けるべきは、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」には必ずチェックを入れてください!

    これだけで表が自動的にテーブルに設定されます。

    テーブルに変換した後、集計を取りたい場合もあると思います。
    そんな時は、テーブル内のどこかを選択しているときだけ表示される「テーブルツール」内の「集計行」にチェックを入れます。



    すると最後の行に集計行がプラスされます。
    その最後の行をクリックすると、「合計」や「平均」など様々な計算をすることができるようになっているため、まずはさわってみて動作を確認してみてください。

    最後に、テーブルで設定した書式はそのままにテーブルをもとに戻す設定の方法です。



    テーブル内のどこかを選択しているときだけ表示される「テーブルツール」内のツールグループにある「範囲に変換」をクリックします。
    これで、テーブルが解除されただの表に戻ります。
    しかし、書式などの設定であるスタイルはそのまま残りますので、もし書式もすべて解除したい場合は事前にスタイルにある「クリア」をしてから解除するようにしてください。

    キュリオステーション船橋習志野店では毎朝、6:00〜 より朝活コースにて短期集中エクセル講座を行っております。
    苦手なパソコンでも少し勉強すればあっという間に得意になれますよ♪
    是非ホームページもご覧ください。

    ホームページはこちら

    ブログランキングに参加しております。ぜひこちらも1クリックお願いいたします。
    人気ブログランキングへ  

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 06:55
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM