スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    パソコンが故障したときシステムエンジニアが最初にすること

    • 2016.07.19 Tuesday
    • 13:12

    JUGEMテーマ:パソコン

     

     


    サーバーを管理している人であれば、別の方法も分かっているはずなので基本的にはクライアントを管理している管理者向けに書いております。


    パソコンを使用している様々な現象が発生します。

     


    それこそ星の数ほど現象は存在しており、あなたの管理しているパソコンにてどんな現象が発生するのはなってみないとわかりません。


    そんな中で問題の原因を探るためには、最低限いくつかの切り分けが必要になります。


    まず一番大事になることはユーザーからの聞き取りになります。


    現象の発生範囲


    現象の発生頻度


    現象が発生しているユーザーが他のパソコンにログインした時に現象が再現するか


    他のユーザーが現象が発生してるパソコンにログインした時に現象が再現するか


    そもそも何がしたいのか


    この5つを深く・確実に聞き取ることが大事です。


    これはマイクロソフトのプレミアサポートなどでも新人の時代に徹底的に叩き込まれ、上記をしっかりしていないと案件が確実に長引くのは何度も経験しました。


    また、エスカレーションの際にも上記を伝えてもらわないと、何が起きているのか判断ができずに塩漬け状態、その後、上記を確認して速攻で解決なんてことが多くあります。


    話は変わりますがそもそもWindowsはどのようなシステムかを考えてみます。


    古いWindowsや一部のOSはその設定をiniファイルに保存します。


    Windowsで動くアプリケーションの中にも一部このようなシステムになっていることがありますが、基本的にWindowsとしてはすべての設定はレジストリに持つように変更されています。


    ファイル名を指定して実行にて "regedit" と入力するとレジストリを編集するためのエディターが起動します。


    いろんなキーがあるのですが、サポートで一番使用するのは HKLM と HKCU のキーになります。


    最初に挙げた切り分けを考えてみると、ユーザ依存なのかパソコン依存なのかが分かります。


    特にユーザー依存であった場合、HKCU 配下のキーのどこかがおかしくなっている可能性が高いといえます。

     


    ユーザーに依存するレジストリキーはいったん削除して、再びログインすると自動的にデフォルトの設定の状態で再構築されます。


    削除の方法についてはネット上にいくらでも載っていますので、Windows 7 プロファイルの削除 等で検索をしてみてください


    上記はユーザーに依存する設定が初期化されますので、嫌がるユーザーもいますが、状況が深刻ですぐにでも直してくれという時は、非常に有効な手段になります。

     


    レジストリを見てみると非常に複雑な設定になっています。


    何かおかしな現象が発生した時は実はそのキー配列などにも異常が出ていることが多いです。


    しっかりとユーザーに説明して、今回の現象+将来的な障害の回避ができると説明してなるべく実行するのが良いかと思います。 

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 13:12
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM