スポンサーサイト

  • 2016.09.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Configuration Manager のアクションタブを自動実行するスクリプト

    • 2016.08.23 Tuesday
    • 15:20

    JUGEMテーマ:パソコン

     

    SCCMを利用している環境の場合、各クライアントにはConfiguration Managerがインストールされています。

    SCCMは、WSUSのシステムと連携して許可した修正プログラムやアプリケーションを自動的に配信することが可能です。

    しかし、まれにクライアントからサーバーへの動作が止まってしまっていたり、即配信を実行したい場合など、

    自動ではなくConfiguration ManagerのActionタブから、各動作をInitiateしてあげる必要がありますがこれが結構面倒です。

     

    そこでPowershellで動くスクリプトを作成しました。

    VBSでも同様のものは作れますが、VBSは増長過ぎて好きじゃないんですよね。

     

    注意点としては、ユーザー権限で問題ありませんが、私の環境では32bitのPowershellを明示的に指定して実行させないとComオブジェクトの取得に失敗していました。

    BATなどからPowerhsellを指定する場合は、C:¥Windows¥SysWOW64¥WindowsPowerShell¥v1.0¥powershell.exe と指定すれば、32bit版で起動しますのでご留意ください。

     

    以下の内容を32bitのPowerShellで実行してください。

    Nameで、*Machine Policy と*サイクル、*タスクとしていますが、これ以外もあるようであれば追加してください。

     

    # Comオブジェクトを取得

    $sms_client = New-Object -COM 'CPApplet.CPAppletMgr'

    # アクションタブの内容を取得

    $actions = $sms_client.GetClientActions() 

    # マシンポリシーを取得

    $machine_policy = $actions | ?{$_.Name -like "*Machine Policy"}

    # 実行

    $machine_policy.PerformAction()

    # サイクル設定を取得

    $Cycle = $actions | ?{$_.Name -like "*Cycle"}

    # 実行

    $Cycle.PerformAction()

    # タスクを取得

    $task = $actions | ?{$_.Name -like "*Task"}

    # 実行

    $Task.PerformAction()

     

    IT環境の構築や管理など、プロのインフラエンジニアが対応いたします。

    中抜きが無いので他社さんよりお安いです。

    ぜひHPも見にきてください!

    www.fujids.jp

    スポンサーサイト

    • 2016.09.11 Sunday
    • 15:20
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM